ほだかさんそう

花本ほだかのはてな小屋。山小屋の「山荘」と「ほだかさん想」でかけている。

下ネタにおける男女の感覚差について考えた話

みなさんこんにちは。こちら花本です。

今回は下ネタの話をします。苦手意識がある人は帰りましょう。特にえっちな話題ってこともないと思いますが一応。あと注意書きとしてはあくまで日本に住む私の周囲の話であって、あんまり広い視野で書かれた文章ではないよってところですかね。

お話したいのは、どうしてこうも男と女で下ネタに対して認識だとか、許容感が変わってくるんだろうなっていう疑問の提示です。本質的な部分で答えは出ませんし、ただただ当たり前の話をします。それでも良いとおっしゃるお時間に余裕のある紳士淑女の皆様は、このまま妄言まがいにお付き合いくださいませ。

f:id:hanamotohodaka:20170507065947p:plain

(話の内容にはあまり関係ない春らしい絵を描きましたので貼っておきます)

事の発端は、春になっていよいよ花粉が本気を出してきたことに遡ります。鼻水がそれはもうだらんだらん出てくるので、私の部屋のゴミ箱はぐしゃぐしゃに丸まったティッシュでいっぱいです。私はそれを見て、「ハハハ、なんだか思春期の男の子の部屋みたいだなぁ」と思ったんですよね。私は思考回路とツイッターが結構近い位置でつながっているので、思った時にスマホなりPCなり触っていたらもしかしたら呟いたかもしれないんですけど、その時はそうしなかった。そんなに火力があるネタってわけでもないんですが、なんだか、言っちゃダメな気がしたんですよね。同時に、女性としてどうなんだろうな、と思ったわけです。そのなんとなく言っちゃいけない気持ちになった、「なんとなく」の部分は具体的にまとめるとどういう回路からきてるんだっけかな?という部分を、書きながら見つけていけたらと思って、こうしてブログを書き始めた次第です。

下ネタに強い女性、弱い女性

私のTLには、男女どちらが多いんだろうなとざっくりアンケートをとってみたところ、こんな結果になりました。(普段いる本垢のほうね)

ここに票を入れてくださった皆さんというのは、私のツイートをアクティブに観測してくださっているフォロワーさんであろうと考えられますし、気になっているのはそういう人たちの割合なので結果としては若干女性が多いと言って良いでしょう。

私の中では、下ネタツイートに関してこのアカウントで喋っていいぞというやんわりとした基準があります。(RTも含める)まとめると、

  • 「おっぱい」とか「おしり」みたいなクレヨンしんちゃんとか少年マンガに出てくるような表現のレベルのもの
  • ピクシブなど他の投稿媒体でもR18タグじゃなくて大丈夫そうな内容のもの
  • 直接的な表現が使われていても、あくまで論調的に使わざるを得ないだろうと考えられるもの
  • TVでも深夜帯なら大丈夫そうなネタ(ラジオの深夜帯はもうちょっと過激な気がするので微妙)

みたいな感じですかね。一応オープンなアカウントですし、例えば中学生くらいの人がワールドワイドウェブを放浪する中で万が一私のアカウントにたどり着いてしまっても、そう悪影響みたいなものは及ばないだろうみたいな考えがあります。というか、どちらかというとこの施策はフォロワーさんの中にいらっしゃるであろう「下ネタに弱い女子」とか、「そこまでオープンマインドして良いものか悩むフォロワーさん」のためにやっているというのが正しいのかなという印象です。

私のフォロワーさん、特に女性について分類すると

  • 下ネタになんら抵抗ないタイプ(多分私もここ)
  • 腐女子(抵抗ある人は少ないでしょう)
  • 下ネタについて自分から呟いたり拡散はしないがいいねはくれたりするブランディングタイプ
  • 下ネタとか苦手そうな清純派タイプ
  • 下ネタに関して呟きも反応もなく、大丈夫なのか苦手なのかわからない未知数タイプ

 以上のような感じだと思ってます。

上記の施策対象になっているのは、アンダーラインを引いたところに該当するみなさんのことでして。ちなみに私個人といたしましては、女性の全裸イラストがどーん!したり怪しいGIFがわーい!してるTLで日々過ごしているのでなんかもう慣れてしまっております。そういうのをほいほいRTするツイッタラーさんもいて、好き好んで見ているというよりは、スルーできる力を持ち合わせているという話なんですけれども。でも、誰もがそういう力を持っているわけではないし、そもそもスルースキルを養っていないから下ネタに苦手意識があるんだろうとも思いますし、そういう方がショックを受けないためにも、ある程度取捨選択していく必要があるだろうなぁというのが個人的な見解なわけです。ツイッターなんて好き勝手つぶやく場所で、そういうのが嫌ならリムーブなりブロックなりすればええやん!というのも正しい解釈の一つではあると思うんですが、一応、超個人的なアカウント運営規則として、私の場合はそれを定めているわけなんですね。過激な発言でフォロワー自体を厳選する形ではなくて、過激な発言なんて普段はしないし、普通に、より多くの人と交流したい平和なアカウントなんだよなと思って。つまり、どれだけ面白い話であっても、そういったラインでひっかかってしまったら拡散はやめておこう、と歯止めがかかるわけなんです。

下ネタにおける男女差

そもそも、普段女同士で集まって下ネタトークするか?という件に関してなんですが、少なくとも積極的にはしないんじゃないかなという印象です。そういう話題になれば(できる相手なら)すると思うんですけど、例えば制服をきているような学生時代の時にそういう話をしたかと考えると、あまりしない人が多いような気がするんです。どこがソースだったか忘れましたが、女性のそういう話は生々しい体験談が多いとも聞きます。なんとも世間話的です。

対して男性に関してなんですが、言わずもがなそういう話題でエキサイトしがちな生き物といいますか、相対的に見て興味が全くない方が少ないと言えるんじゃないかと思います。好きという感情の前に欲が出る人も女性よりは多いでしょう。もちろんSNSでそういう話はしないと決めている男性もいらっしゃるとは思うんですが、友人などと話す中でそういう話題が気軽に出てくることはあっただろうと想像できますし、何より「抵抗感」が女性と異なるような気がします。スルースキルというのは、シャワーがあってこそ身につくものなような気がするので、そういった場数や年季が女性とは違うような気がするんですよね。それこそ、女性は交友関係を築く上でそういった話題をするコミニュニティとしないコミュニティを選択することが容易ですが、男性の場合はしないコミュニティだけに属するというのは簡単なことなんだろうか?と思うわけです。

加えて、下ネタの話は異性相手の方がしやすいんだよな、という状況も有り得るのではないかと思います。

平等ではないスキャンダルイメージ

こういう話題なので具体的なグループ名はあげなくてもいいかなと思いますし、それこそ皆さんのご贔屓の中にそういう方々がいらっしゃればそれに当てはめていただきたいんですけど、男性のみのグループ(アイドルとかバンドとかそういうやつ)の魅力の中の一つで、「中学生みたいな下ネタトークに大盛り上がりするところ」みたいなところってあったりしませんか。

それが表している魅力はなんたるかですが、仲の良さの表れであったり、少年らしさであったり、可愛らしさみたいな部分につながっているものだと思います。つまり、男性が放つ下ネタトークは、時に異性から見た時に魅力として効果を発揮する場合があるんですよね。(「ただしイケメンに限る」の一例であることは言うまでもないんですが)

対して女性のグループにそうであって欲しいかと考えた時に、セクシー女優のお姉さま方がそういう話題できゃっきゃしてるのはある程度需要があるかと思うのですが、大体の女性グループに対しては「清純」を求めるところではないかと思います。それこそ、近年では「恋愛禁止」のアイドルグループもあるわけで、そういう展開に絶対ならないと決めつけられない以上、交際することさえ許されない環境下で彼女たちは頑張り続けていくことになるんですよね。

ここではアイドルを例にとって話を続けますが、アイドルという職業自体の内容については男女差はあまりないように感じます。キラキラし続けることでお金を稼いでいる。基本的には好かれることが仕事です。故に特定の相手がいるのはあまりよろしくないわけです。しかし、そういったスキャンダラスなイメージがあった時に、男性と女性ではあまりに影響が違いすぎるのではないか?と思うわけです。「チャラ男」的なキャラクターで人気を博す男性タレントもいますし、何かあった時に「男だからしょうがないよね」と処理されるのに対し、女性タレントの場合は大炎上しがちというか。正直芸能人が誰と付き合おうと誰と不倫しようとどうでもよいタイプで、好きにしてくれ、そういうニュースは後回しにして朝の時間くらい大事なニュースだけやってくれ、とか思ってしまう人間なのですが、平等ではないなぁ、と時に感じているわけです。恋愛なんて病気と一緒で、好きになっちゃったもんはしょうがなかったりしますからね。女性の場合も「しょうがないじゃんね」と思うんですよね。ケースバイケースですけど。

プリンセスや大和撫子は下ネタなんて言わないんじゃないか説

私はジェンダー論にも心理学にも明るくないので、そこまで込み入った話にしたくはないなぁと思いながら書いてるんですが、思ったことをだらだらと続けますとね。シンデレラコンプレックスみたいな話で、下ネタに苦手意識を持っている女性は「男性によって運命を決められるもの」的な風潮にまだ支配されていて、「いい男を狩りに行くぞ!」というよりは、「いい男に選ばれたい」「そのためにいい女でありたい」「だから清純でありたい」みたいな思考回路になっている可能性もあるなあと思ったんです。深層心理がそういう話題を避けているというか。

「清純そう」「大和撫子っぽい」みたいなイメージを周囲から持たれる女性がいかにしてそのような性格になったかを考えると、それはもう周囲からの教育と自意識の賜物で、女の子らしくおしとやかに生きていけるのはある種自分の才能であり、周囲からもそう求められているぞ、という気づきが今までの人生の中であった人なんじゃないかと想像しています。そして、基本的にはそういう生き方が美しいとされていて、女性の「ガサツ」「男っぽい」という性格が、さもマイナスイメージのように捉えられてしまうのは、ここの界隈と比較されてしまうからなんですよね。男らしいのも個性なんですけど。

とはいえ、やっぱり許す許されないは発言者の見た目がものをいうと思う

 ここまで長々書いてきてのそんな結論!?みたいなオチなんですけど、やっぱり下ネタに関しては発言するハードルが女性の方が高い。でも、それが綺麗なお姉さんだったり、可愛い子が発言したものだと、爆発的に好意を寄せられる場合だってあるじゃないですか。男性側の発言でも、先ほどアイドルを例に出して「ただしイケメンに限る」と表現しましたが、女性側から見て、一定の水準を超えてくる人間から発せられる下ネタトークであればある種魅力的にも感じられるでしょうが、自分がそれを公の場で発して大丈夫な人間かどうかは一度検討した方が良いと言えるでしょう(これはインターネット上の自分と現実での自分をリンクさせてしまっている方に対してのお話です。完全に切り分けができている方にとっては、あまり関係がないかもしれません)。男女どちらにも言えるのは、異性にモテたい、且つルックスというわかりやすいアドバンテージがないのであればあんまりそういうことを言わない方が無難なんじゃないかということ。モテるとかモテないとか意識していない人に関しては、好きにされてよろしいと思います。正直私がこうやって平然と下ネタに関してのブログが書けるのも、特に異性からモテたいと思っていないためな気がします。

おわりに

ここまで内容のない話にお付き合いいただいて恐縮です。まとめるまでもないんですが、今回考えて改めて感じたことは

  • 下ネタって言ってしまうのは簡単だけど万人に受け入れやすい表現方法をとるにはセンスもいるしリスキーだよね
  • 男女ともにモテたいならあんまり言うべきじゃないよね
  • 下ネタ許容度って人によってだいぶ違うから気を使うよね
  • ここまで下ネタについて真剣に考える私ってバカかもしれないなぁ

ってところだと思います。冒頭に感じた「なんとなく」を言語で表現するならば、「私のTLにはこういうネタを受け付けられないタイプの方もいらっしゃるかもしれないし、直接的な表現すぎて優れたものとは言えないわ。やめとこ」って感情だったのだと思います。真面目に書いたら大草原です。でも、人間同士のコミュニケーションにおいて大事なのは共感力だったり相手に対する思いやりだったりすると思うので、気をつけていった方が得策だと思うよ!という注意喚起のお話でした。

下ネタについて書いていたらコミュニケーションの話になっちゃたよ。おわり。

ここまで読んでいただいて、ありがとうございました。

 

 

ブログ以外のあれこれはGendarme△で。花本ほだかの創作置き場です。